HOME>特集>安心して移動出来る手段として再注目されています

やりがいのある仕事です

規制緩和以降は苦戦が続いていたタクシー業界ですが、ここ数年で業績が大きく盛り返しています。最大の要因は、少子高齢化による利用者の増加だと言われています。また、免許を持たない若者が増えているのも大きいのではないでしょうか。そんな中、ドライバーの不足が懸念されています。東京のタクシー会社は危機感を募らせていて、若い世代の積極的な採用を進めています。ありがたいのが、福利厚生の充実ではないでしょうか。独身寮が完備されていて、女性目線で職場の運営が行われています。当然、歩合給の高さも働くモチベーションになっています。

知識や経験が不問

タクシードライバーを目指すには、優しい運転と乗客に対する心配りが求められます。逆の言い方をすれば、これだけで応募資格が満たされています。道順はカーナビが備わっていますし、応募の際には二種免許は必要ありません。会社からの補助を受けつつ教習所に通うことが出来ますし、経済的な負担は少なくなっています。東京のタクシードライバーの平均年収は、600~700万円と言われています。多くのタクシー会社では、定年後の再雇用に積極的です。社会との関わりを長く持つことが出来ます。