HOME>イチオシ情報>時間給では無い働き方を行う業種における働き方による収入の違いとは

歩合給で働く業種のメリット

タクシーの模型

タクシードライバーは日本のほとんどの地域に会社が存在していて、世界的にも業種として確立している仕事です。それだけ認知されていながら年収については詳しく知られていない場合が多くなっていますが、その理由は働いた時間に応じて報酬が発生する給与所得者と基本的に給与システムが異なっているからだと言えます。タクシードライバーではほとんどの場合で歩合制が導入されていて、割合については会社によって違いがありますが、一定期間に売り上げたタクシー料金の水揚げに応じて歩合率をかけた金額が給与になります。これは年齢に関係なく本人の努力次第で収入を得られるというメリットがあり、異業種から入ってきて経験が無かったり若年層であってもベテランと同じ収入を得ることも可能なので、他には見られない業種であるのは間違いありません。

就職するために必要になるものとは

タクシー

タクシードライバーは客を乗車させて目的地に運ぶというのが主な仕事内容になり、自動車の免許を持っていれば業務には差し支えはありません。しかし、営業許可の無いドライバーが乗客から料金を徴収すると犯罪になってしまうため、年収が得られる正式な仕事に就職するためには第二種自動車免許が必要になります。この免許がタクシードライバーになるための絶対条件になっていて、各地域にある免許センターで試験を受けて合格すれば取得できます。その上で地域によっては地理試験を受験して合格する必要があり、免許を所持していてもこの試験に合格しなければタクシードライバーにはなれなくなっています。

仕事に必要になる試験を受ける方法

タクシー乗り場

タクシードライバーでは入社してから第二種自動車免許を養成という形式で取得することが多くなっていますが、この免許についてはタクシー会社に就職していなくても個人的に取得することができます。免許については個人的に免許センターに申し込む方法もありますが、会社に入ってから指示に従って必要書類を用意するという方法が簡単でやりやすくなっています。地理試験については個人的には受けられず、第二種自動車免許を取得してから会社より申し込み手続きを行ってもらい、地域を管轄するタクシー組合の施設で試験を受けて合格して初めて業務ができて年収が発生します。